logo

モトローラの折り畳みスマホ「razr 5G」が日本上陸--ソフトバンクで販売、税込19.8万円

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 モトローラ・モビリティ・ジャパンとレノボ・ジャパンは3月4日、折りたたみスマートフォン「razr 5G」と、折りたたみPC「ThinkPad X1 Fold」をソフトバンクで取り扱うと発表した。

razr 5G
日本初の投入となる「razr 5G」。ディスプレイを直接折り畳むことができ、大画面をコンパクトに持ち歩けるのが大きな特徴だ

 予約開始日は3月5日、発売日は3月17日を予定。価格は、razr 5Gが19万8000円(税込)、「トクするサポート+」の適用で実質9万6000円(税込)で購入可能という。また、ThinkPad X1 Foldは、40万2480円(税込)、トクするサポート+適用で実質20万1240円(税込)になるとしている。

 同社はここ数年来、日本市場に向けては主にミドルクラスの「moto g」シリーズや、エントリー向けの「moto e」シリーズをSIMフリー市場に向けて投入してきたが、razr 5Gはそれらとは異なり、モトローラを象徴するアーリーアダプター向けのフラッグシップモデルとなる。

razr 5G
側面から見たところ。モトローラ・モビリティの往年の名機「RAZR」をイメージしたデザインであることが分かる

 その最大の特徴は、ディスプレイを直接折り畳むことができ、大画面とコンパクトさを両立できるということ。開いた状態では6.2インチ、21:9比率の大画面ディスプレイを備えたスマートフォンとして利用できる一方、折り畳むことでポケットに入れて手軽に持ち運べる、コンパクトなサイズ感を実現しているという。

razr 5G
開いた状態では6.2インチの大画面スマートフォンとして利用可能。21:9比率なので映画の視聴に適している
razr 5G
閉じた状態ではポケットに入るコンパクトなサイズ感となる

 しかも折り畳んだ状態では、2.7インチの背面ディスプレイ「クイックビューディスプレイ」を利用できる。このディスプレイは通知を表示するだけでなく、アプリのショートカットアイコンを設置し、カメラや音楽、地図などさまざまなアプリを直接利用することも可能だ。

razr 5G
背面の「クイックビューディスプレイ」ではアプリを利用することも可能。写真は「Googleマップ」を起動したところ

 またクイックビューはキーボードを表示してテキスト入力することも可能で、本体を開くことなくメッセージアプリの返信もできるという。日本での販売に当たり、日本でよく使われているフリック入力のキーボードにも対応させているとのことだ。

razr 5G
クイックビューディスプレイでは文字入力もできる。日本での発売に合わせ、フリック入力のキーボードにも対応させたとのことだ

 メインカメラは4800万画素、フロントカメラに2000万画素のイメージセンサーを採用。メインカメラは4つの画素を1つの画素に結合する「クアッドピクセルテクノロジー」の採用に加え、光学式手振れ補正やレーザーオートフォーカスの搭載により、暗い場所でも明るく撮影できるという。「ポートレートモード」「ナイトビジョン」など撮影シーンに応じたカメラモードが用意されているのもポイントだ。

razr 5G
カメラは4800万画素のシングルカメラ。4つの画素を1つの画素に結合して使うことで、暗所に強いのがポイントになるという
razr 5G
もちろんクイックビューディスプレイでの撮影も可能だ

 性能面では、チップセットにクアルコムのミドルハイクラス向け「Snapdragon 765G」を採用しており、RAMは8GB、ストレージは256GB。同社の日本向けモデルとして初めて5Gに対応しており、5Gの周波数帯はソフトバンク向けのものをカバーしているとのことだ。

razr 5G
チップセットには「Snapdragon 765G」を採用、もちろん5Gにも対応している

 また、razr 5Gは、海外での発売から時間が経ってからの国内投入ということもあって、Androidは「Android 11」を搭載して提供するとのこと。それに加えて、モトローラ・モビリティ製端末の特徴でもある、ジェスチャー操作でさまざまな機能を呼び出せる「Moto Action」や、フォントやカラー、アイコンの形状などが変えられる「My UX」などの独自機能、インターフェースなども提供する。

 さらに、razr 5Gの発売記念キャンペーンとして、2021年6月30日までに購入し、キャンペーンに応募した先着1000名に対し、「BEAMS」デザインの限定Tシャツをプレゼントするとのことだ。

レノボの「ThinkPad X1 Fold」も販売

 またモトローラ・モビリティ・ジャパンと同じレノボグループのレノボ・ジャパンも、同日に「ThinkPad X1 Fold」のソフトバンク5Gネットワーク対応モデルを販売すると発表。

 ThinkPad X1 Foldは、13.3インチの有機ELディスプレイを搭載し、razr 5G同様ディスプレイを折り畳めるモバイルPCとなる。こちらは既に国内でも発売済みのモデルだが、ソフトバンクの回線契約とセットで販売されるとのことだ。ちなみにrazr 5GはSIMロックがかけられているが、こちらはSIMフリーの状態で販売されるとのこと。

ThinkPad X1 Fold
ソフトバンクはレノボの「ThinkPad X1 Fold」も販売するとのこと。こちらもrazr 5G同様、ディスプレイを直接折り畳めるのが特徴のモバイルPCだ
ThinkPad X1 Fold
もちろんこちらも5Gに対応している

 なおThinkPad X1 Foldも、購入者に先着で5万円相当のグッズやサービスなどをセットでプレゼントするキャンペーンを実施するという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]