PlannerとTo Doを統合--「Microsoft Teams」の「Tasks」で何が便利になるのか

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは長年にわたり、タスクをさまざまなシステムで孤立させてきた。「Outlook」「OneNote」「Project」「SharePoint」「Azure DevOps」のすべてに別々のタスクリストが存在し、すべてのタスクを1カ所で確認することはできなかった。

 新しいタスク管理ツールが導入されたときも、チームタスク用の「Planner」と、個人タスク用の「To Do」(ベースは「Wunderlist」)があり、これらは別の新しいタスク形式ではなくOutlookの「Exchange」タスク形式を使用していたため、異なるタスクリストを接続するには追加の作業が必要だった。具体的には、To DoアプリやPlannerアプリを「Microsoft Teams」にインストールするか、「Power Automate」フローを作成しなければならない。

デスクトップ向けTasksアプリの名前は数回変更される予定だ。
提供:Microsoft
Microsoft Teamsの新しい「Tasks」アプリでは、To DoとPlannerのタスクが統合される。
提供:Microsoft

 2019年の「Microsoft Ignite」では、PlannerとTo DoをTeamsで統合したTasksアプリが発表され、先ごろついにロールアウト開始となり、複数のソースのタスクを1カ所で確認できるようになった。また、第一線で働く従業員や個人ユーザーが、新しい方法でタスクや他のPlanner機能を利用することができ、Microsoftの各種ツール/サービス間でのタスクの統合が大幅に進んだ。

 ただし、タスクを1カ所で確認できる新しい機能の名称は、何度か変更が予定されている。これは、個別のPlannerツールとTo Doツールに慣れているユーザーが、新しいオプションになじめるようにするための措置だ。

 このアプローチでは、タスクを同じ場所で確認できる一方で、今後も作成元のアプリに応じて異なる機能をタスクに持たせることができるため、新アプリTasksの登場によってPlannerとTo Doが廃止されるわけではない、ということに誰もが安心するだろう。

続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]