logo

Apple、セキュリティに関する詳細文書公開--Appleニュース一気読み

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは2月19日、同社の製品、サービスなど広範にわたるセキュリティに関する文書を公開した。とくに、2020年11月にIntelから乗り換えてM1を搭載したMacのセキュリティ性能を強調することは、「打倒Apple Silicon」のマーケティングを見せ始めたIntelを牽制する意味合いも透ける。

 AppleはiPhoneで新しいデバイスのファイル、アプリのシステムを採用し、ユーザーに対するセキュリティを基本的な価値として提供し始めた。ハードウェア、チップ、ソフトウェアで一貫して安全性を確保する姿勢は、Appleならではの取り組みと言える。

 今回MacがApple Siliconへ移行したことによって、Appleがモバイルデバイスで10年来取り組んできたプラットホームセキュリティと高く設定したスタンダードを、全く同様にMacに持ち込むことができたという。

 Intel時代は、T2セキュリティチップをシステムに足すことで、セキュリティを高めてきた。しかしそれでは不十分。Intel向けmacOSからT2チップを制御することができないため、Macのデバイス全体を、iPhoneやiPadのようなセキュリティ管理下に置くことができないと考えていたからだ。

 こうした説明を見ると、さらに、Intel時代のセキュリティ対策へのストレスを解消したように見える。一方、Appleはプライバシーについて、Facebookを中心としたデジタル広告業界と対峙している。

アップル、自社製品のセキュリティ詳細を約200頁の文書で公開(2/19)

その他

「Apple IIe」向け透明キーボード、Matias製メカニカルスイッチ採用--透明ケースも用意(2/16) 「macOS Big Sur」更新時に一部で不具合の可能性、アップルが修正とユーザーが動画で解説(2/17) マイクロソフト、「iPad」向けの「Office」アプリをリリース(2/17) 「Apple TV」アプリ、「Chromecast with Google TV」で利用可能に(2/19)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]