「Raspberry Pi OS」アップデートで「Chromium」のビデオ会議が快適に

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Raspberry Pi Foundationが年末のソフトウェアアップデートの提供を開始した。このアップデートは、さまざまな微調整や変更、改善をオープンソースの「Raspberry Pi OS」(以前の「Raspbian」)にもたらす。

 最初に紹介するのは、同OSの「Chromium」ブラウザーのアップデートで、バージョン84に更新されている。これにより、YouTubeなどの動画ストリーミングサイトでの再生品質が向上するはずだ。

 Raspberry Pi Foundationは、「Google Meet」や「Microsoft Teams」「Zoom」などのビデオ会議プラットフォームとChromiumの互換性を高めるため、いくつかの修正も施した。これらすべてが「Chromium for Raspberry Pi」で円滑に機能するようになっているはずだ、と同財団は述べた。

 ほかのOSと同様、Raspberry Pi Foundationも数年前からChromiumブラウザーに内蔵してきた「Adobe Flash Player」を廃止しようとしている。プリンシパルソフトウェアエンジニアのSimon Long氏は、「Adobeは米国時間2020年12月31日をもってFlash Playerのサポートを終了するので、これがFlash Playerを含む最後のリリースになる。ほとんどのウェブサイトでは、すでにFlash Playerが不要になっているので、誰も廃止に気付かないことを願っている」と語った

 Raspberry Pi OSに施された変更は、ほかにもある。OSのサウンドサーバーが「Advanced Linux Sound Architecture」(ALSA)から「PulseAudio」に変更された。これにより、OSが複数のソースからのオーディオを処理する仕組みが大幅に改善されるだけでなく、Raspberry PiとBluetoothスピーカーなどのデバイスの互換性も向上する。

続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]