東映アニメとコロプラはなぜ「Slackコネクト」を活用するのか

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Slack Japanは12月8日、「Slackコネクト」の事例を紹介する記者説明会を開催した。Slackコネクトは6月から提供を開始した、社外関係者とのコラボレーションを実現する機能である。

Slack Japan 代表 佐々木聖治氏
Slack Japan 代表 佐々木聖治氏

 「コロナ禍を受けてリモートワークの場面が増加し、世界第2位市場の日本でも多種多様な顧客がSlackを利用」(同社代表 佐々木聖治氏)。2~7月の前年対比成長率も収益はプラス82%、有料ユーザー数はプラス81%、Slackコネクト利用率はプラス151%といった数字が好調さを裏付けている。

「外部アプリケーションとの連携が豊富」

東映アニメーション 経営管理本部 情報システム部 課長 賀東敦(かとう・あつし)氏
東映アニメーション 経営管理本部 情報システム部 課長 賀東敦(かとう・あつし)氏

 最上位プラン「Enterprise Grid」を導入する東映アニメーション(中野区、単体従業員数497人)は、複数企業間でのコミュニケーションにSlackコネクトを利用している。

 「かつてあったメールのやりとりでは考えられない伝達コストの圧縮」(東映アニメーション 経営管理本部 情報システム部 課長 賀東敦氏)を成功させるため、営業市場単位のチャンネルには、ゲームやアパレルなど関係する企業を招き、アニメーション作成ワークスペースでは話数ごとにチャンネルを作成。作成工程に関わる制作会社を招いているという。

 現在は平均5社程度の外部企業がSlackコネクトでつながっているが、賀東氏は「メール時代は担当者変更やメンバー追加などの作業が発生していたが、(Slackコネクト移行後は)CCメールのような混乱や作業の繰り返しなどはなくなった」と、その効果を語る。

続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]