三井住友カード、「ナンバーレスカード」を発行開始--コンビニなどで最大5%還元

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三井住友カードは2月1日、カード券面からカード番号・有効期限・セキュリティコードの表記をなくした「ナンバーレスカード」の発行を開始すると発表した。

キャプション

 ナンバーレスカードは、カード券面からカード情報の表記をなくすことで、カード情報表記をなくすことで、盗み見などを防ぐことができるのが特徴。ネットショッピングでカード情報を入力する際は、「Vpass」アプリから確認できる。発行ブランドはVisaとMastercardで、Visaのタッチ決済・Mastercardコンタクトレスを標準搭載する。年会費は永年無料。

 また、ポイントサービスとして、通常のポイント還元率0.5%に加え、一部コンビニなどでポイントが追加で付与される。例えば、セブン-イレブン、ローソン、マクドナルドでVisaのタッチ決済を利用した場合、加算ポイント還元率は、「ナンバーレスカード対象店舗での利用」(最大2.0%)+「Visaのタッチ決済利用」(最大2.5%)+「通常還元率」(0.5%)で、最大5%還元が受けられるという。

キャプション

 これに加え、新規加入したユーザーを対象に「最大11,000円相当プレゼントキャンペーン」を実施する。これは、4月30日までの期間中、新規入会すると「Vポイントギフト1000円分」を付与するのに加え、入会月の2カ月後末までに利用することで、決済額の20%(最大1万円相当のVポイント)を付与する。対象カードは、ナンバーレスカードだけでなく、三井住友カードやデビュープラス、プライムゴールド、ゴールド、プラチナなども対象となる。

キャプション
「最大11,000円相当プレゼントキャンペーン」の対象カード。特典1は、決済額の20%(最大1万円相当のVポイント)。特典2は、「Vポイントギフト1000円分」

SMBC共通ポイントの「Vポイント」に専用アプリ

 さらに、SMBCグループの共通ポイントサービス「Vポイント」やクレジットカードなどで残高チャージし、店舗・インターネットの買物ができる「Vポイント」アプリの提供も開始する。

キャプション

 Vポイントアプリは、アプリ内にVisaのバーチャルプリペイドカードを発行し、Vポイントやクレジットカード、銀行口座などからチャージした残高で、Apple Pay(iD加盟店で利用可)または、Google Pay(Visaのタッチ決済加盟店で利用可)で支払いできるアプリ。Visaに対応しているネットショッピングでも利用可能。

 VpassやSMBCダイレクトと連携し、保有するVポイントをVポイントアプリに表示できるほか、クレジットカードの利用などで貯めたVポイントを、残高チャージして支払いに利用(1ポイント=1円)することもできる。さらに、SMBCグループなどの各種インセンティブとして提供しているギフトコード「Vポイントギフト」からの残高チャージにも対応する。

 利用対象に指定はなく、誰でも申し込み可能。Vポイント残高の有効期限は、5年(未利用時更新停止あり)、残高上限は30万円となる。ただし、申込みから本人確認が完了するまでは、申込み直後の場合で3万円(Vポイントギフトのみチャージ可能)、お申込みから約2〜3日後以降から本人確認前までは5万円までの上限がある。なお、本人確認は、ポラリファイが提供するオンライン本人確認サービス「Polarify eKYC」を採用している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]