logo

在宅勤務でのビデオ会議を生産的に--実行したいポイント

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ほとんどのIT担当者はコミュニケーションについて、都市封鎖下の食料品店に行くのと同じことだと考えている。つまり、中に入って、自分のニーズを満たし、外に出る、ということだ。

 しかし、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)と在宅勤務の拡大により、多くの人にとって、遠隔会議(ビデオ会議とも呼ばれる)が対面会議に最も近いものになっている。数分間の遠隔会議が、その日にその相手と実際につながる唯一の機会かもしれない。

 筆者には、12年間の在宅勤務とリモートワークの経験があり、会議を成功に導く方法をいくつか学んできた。これらのスキルが人々に与える影響は、遠隔会議の効果を高めるためにできる具体的なことほど大きくはない。

カメラの位置と画面に映っている画像を確認する

 ノートPCのカメラは、文字通りホームオフィスの世界の窓である。会議に参加した人々に何が見えるのかを考えよう。筆者の場合は、この記事の執筆中、実際に自分の姿を撮影した。その後、実際の会議の準備をして、2枚目の写真を撮った。2枚の写真を見比べてほしい。

続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]