logo

「Objective-C」を追い越す--アップル製品での採用が拡大する「Swift」の勘所

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Objective-C」は、多くの開発者の心をつかんできたプログラミング言語だ。オブジェクト指向プログラミング(OOP)を「C」プログラミング言語の特徴と組み合わせた言語として誕生し、NefXTとAppleのOSに搭載され、「NeXTSTEP」「OS X」「iOS」の標準のプログラミング言語となった。

 Appleが2010年に開発を開始した「Swift」は、一部の分野でObjective-Cに比肩する新しいプログラミング言語だ。具体的には、型安全性とセキュリティは同等で、ハードウェア上でのパフォーマンスはObjective-Cを上回る。SwiftはObjective-Cよりも2.6倍以上高速で、「Python」よりも8.4倍以上速い。「Swift 1.0」は2014年9月にリリースされた。

概要

  • どんなものなのか:Appleの最新のプログラミング言語であり、型安全性、セキュリティ、パフォーマンスに優れている。iOS、「macOS」「watchOS」「tvOS」アプリの開発に使用できる。
  • なぜ重要なのか:学びやすいプログラミング言語なので、多くの学生、新人開発者、経験豊富なMac開発者やiOS開発者が、Swiftの開発スキルの向上に取り組んでいる。また、AppleがSwiftをオープンソース化したため、同社のOSだけでなく、他のプラットフォームでの開発にも利用できるようになった。
  • 誰が影響を受けるのか:Swiftで開発したアプリは、「iOS 7」以降のiOSデバイスと、「OS X 10.9」以降のMacで実行できる。
  • いつから利用できるのか:最新バージョンの「Xcode」で今すぐ利用できる。
  • どうすれば利用できるのか:Swiftの最新バージョンは、Xcodeを「Mac App Store」か「Apple Developer Center」からダウンロードすると利用できる。Xcodeをインストールすると、SwiftとObjective-Cコンパイラー(LLVM)がMacにインストールされる。

Objective-Cとどこが違うのか

 AppleはObjective-C言語を廃止する計画を発表していない(むしろアップデートを続けている)が、Swiftは急速にObjective-Cを追い越して、Appleのプラットフォーム上での採用を拡大させている。

続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]