重要なのは「リモートファースト」--世界1300人勤務でもオフィスゼロなGitLab

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Git」の分散バージョン管理とソースコード管理(Source Code Management:SCM)の機能を併せ持っている、ウェブベースのリポジトリ管理ソフトウェア「GitLab」を提供するGitLabは、2015年にオフィスを米サンフランシスコに設置するも、通勤時間などの理由から3日間程度で使用しなくなり、以降は68の国や地域で1300人以上のメンバーがリモートワークを実施。コロナ禍以前から物理的なオフィスをなくしている。

 そうした背景がある同社は10月16日、リモートワークの最適な実行方法を披露する記者説明会を開催。米本社リモート統括責任者のDarren Murph氏は「コロナ禍が収束した後も、柔軟に仕事場を選択する世界が訪れる」とリモートワークの重要性を強調した。

GitLab リモート統括責任者 Darren Murph氏
GitLab リモート統括責任者 Darren Murph氏

 2011年に設立し、2014年に法人化したGitLabは設立当初からリモートワークを実践している。共同創設者のDmitriy Zaporozhets(ディミトリー・ザポロゼッツ)氏はウクライナ、共同創設者で最高経営責任者(CEO)のSid Sijbrandij(シド・シブランディ)氏はオランダと、異なる国同士の人物が設立した企業のため、リモートワークを前提とした企業文化が醸成されるのは自然の流れとも言える。

 リモートワークを実践する上で重要なのが「すべてを文書化すること。われわれは業務効率を高める知見を『GitLab Handbook』にまとめている。これが唯一の真実だ」(Murph氏)

 また、オンライン会議は議事内容の必須化や時間を厳守し、メンバー雇用時も業務を自己管理できる能力を持った人材の採用に努めてきた。経営層も積極的にリモートワークを推進、Murph氏は「リモートファーストというメンタリティ」を持たなければならないと説明する。

続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]