オープンイノベーション・プログラム「Food Tech Studio - Bites!」にフジッコら参画

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ベンチャーキャピタルのスクラムベンチャーズは12月16日、グローバル・オープンイノベーション・プログラム「Food Tech Studio - Bites!」において、新たな企業や自治体パートナーの参画、スタートアップの早期採択について発表した。

 スクラムベンチャーズでは、9月30日の同プログラム開始以降、日本の食産業を代表するパートナー企業と世界中のスタートアップと共に、「新 “食” 産業」の創出を目指した議論を進めてきたという。

Food Tech Studio - Bites!
Food Tech Studio - Bites!

 今回、新たにフジッコ、ハウス食品グループ本社、カゴメ、東京ガスの4社がパートナー企業として参画を決定。食品業界の元祖イノベーター企業が計10社参画し、一体となり世界中のスタートアップとの新たなフードテックの共創を推進するという。

 さらに、東京ガスの参画により、インフラや調理テクノロジーの面からもイノベーション創出を目指す。

 また、保有するネットワークやアセットを提供する戦略パートナーとして、日立グローバルライフソリューションズ、東日本旅客鉄道/東京感動線、オレンジページも参画。いずれも家電のIoT化の推進、リアルな共創の場としてのフードラボの活用といった視点から、同プログラムの価値向上に貢献していくという。なお、専門的な知見やネットワークを有するメンターのネットワークも現時点で20名を超える専門家がサポートする。

 同プログラムでは、本年9月30日の応募開始以降、国内外のスタートアップから積極的な応募を受付けてきたが、プロジェクト運営を加速・深化するため、特に優れた20社(5カ国、9カテゴリ)を早期採択した。

 早期採択の後、12月末までの選考期間を経て、最終的に採択スタートアップ(パーティシパント/全体で70社程度)の全体像を発表する予定としている。

 今回早期採択された企業は、myAir、CANEAT、Allergy Amulet、MiL、Sun Coast Naturals、Turtle Tree Labs、Kuleana、COMP、New Age Meats、Ukko、Rebound Technologies、Kiwibot、ギフモ、FOODCODE、Drop Kitchen / Adaptics、MoBiol Holdings、Mi Terro、Flourring、エクサウィザーズとなる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]