logo

ソニー製センサー搭載--ラズパイ用カメラ「High Quality Camera」をみる

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Raspberry Pi 4」が売り上げを伸ばす中で、Raspberry Pi Foundationは新しいカメラオプション「High Quality Camera」を発表した。High Quality Cameraは12.3メガピクセルで、価格は50ドルと手頃だ。

 Raspberry Pi Foundationがカメラ市場に投入した最初の製品は、OmniVisionの5メガピクセルセンサーを中心に構築されており、2015年に販売が終了した。2016年に発売された後継製品は、ソニーの8メガピクセルの「IMX219」センサーを中心に構築されており、「Raspberry Pi」の熱狂的なファンやDIYカメラホビイストの間ですぐに人気を博した。彼らは、望遠鏡からキュウリ選別機まで、同ボードのありとあらゆる用途を見つけ出した。

 製品名が示唆するように、Raspberry Pi FoundationのHigh Quality Cameraは、大幅なアップグレードが施されており、ソニーの12.3メガピクセルの「IMX477」センサーを搭載する。Raspberry Pi Foundationによると、IMX477はIMX219の2倍のピクセル領域を提供するだけでなく、暗所での撮影性能を高める裏面照射型センサーアーキテクチャーや統合されたバックフォーカス調整リングも備えるという。

続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]