logo

クアルコム、ハイエンドスマートフォン向け次期プロセッサー「Snapdragon 888」発表

Shara Tibken (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2020年12月02日 10時59分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2021年にハイエンドの5G対応スマートフォンの多くに搭載されると見込まれるチップ、Qualcommの「Snapdragon 888」が発表された。6世代目のAIエンジンや、5GモデムRFシステム「Snapdragon X60 5G Modem-RF System」を搭載する。5G対応スマートフォンのバッテリー持続時間向上に貢献するとみられる。

Qualcomm
提供:Qualcomm

 Qualcommは、ハワイで毎年開催している参加型のイベントの代わりに、米国時間12月1~2日にかけてオンラインイベント「Snapdragon Tech Summit Digital 2020」を開催している。このイベントでは、新たなチップやニュースを次々と発表するのではなく、Snapdragon 888の機能に焦点を当てているようだ。


 2019年に発表された「Snapdragon 865」はモデムが外付けだった。ミッドレンジのシステムオンチップ(SoC)「Snapdragon 765」と「Snapdragon 765G」では、プロセッサーシステムに5G通信機能が統合されている。

 Qualcommのモバイル事業担当ゼネラルマネージャー兼シニアバイスプレジデントAlex Katouzian氏は、Snapdragon 888について、「フォーカスしているのは5G、AI、ゲーミング、そしてカメラだ」としている。

 Snapdragon X60モデムは2月に発表された。通信速度が下り最大7.5Gbs、上り最大3Gbpsとなっている。ミリ波とサブ6GHz帯をサポートする。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]