シヤチハタ、電子決裁サービス「Shachihata Cloud Business」を11月24日から提供

佐藤和也 (編集部)2020年11月17日 19時24分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シヤチハタは11月16日、出社せずに文書の申請・承認が簡単にできる電子決裁サービス「パソコン決裁Cloud」の機能を拡張し、取引先との書類のやり取りでも活用できる「Shachihata Cloud Business」(シヤチハタクラウド ビジネス)を、11月24日から提供開始すると発表した。

 同社では、社会全体としてデジタル化が推進されている環境のなか、BPS(ビジネス プロセス そのまんま)と称して、ビジネスのプロセスを変えることなくデジタル化へと移行できるサービス「パソコン決裁 Cloud」を推進。今回のShachihata Cloud Businessは、電子印鑑の持つ可視性はそのままにサービスの機能強化を図るため、セキュリティ面の見直しを実施。ユーザ認証の強化と書類の原本性確保を強化した。

 これにより、社内だけでなく取引先と交わす書類についても利用範囲を拡大できる。また、新たに社内のみで見せる書類・申請ルートと、社外に送る文書をシステムの中で識別ができる機能を実装したという。

 サービスの名称を、パソコン決裁 CloudからShachihata Cloudに変更し、シヤチハタとして今後推進するクラウドソリューションの第一歩としてサービスを開始するという。なお、現在提供しているパソコン決裁Cloud Corporateは、Shachihata Cloud Standardに引き継がれる。

「Shachihata Cloud Business」3つの特長
「Shachihata Cloud Business」3つの特長
Shachihata Cloud機能別比較表
Shachihata Cloud機能別比較表

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]