logo

パナソニック社長交代--常務楠見氏が昇格、津賀氏は会長に

加納恵 (編集部)2020年11月13日 17時25分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは11月13日、2021年6月24日付けで社長を交代すると発表した。代表取締役社長に楠見雄規氏が就任する。代表取締役社長の津賀一宏氏は取締役会長に就く。

2021年6月24日付けで代表取締役社長に就任する楠見雄規氏
2021年6月24日付けで代表取締役社長に就任する楠見雄規氏

 2021年4月1日付けでCEOに楠見氏が就き、津賀氏は執行役員を退任し、代表取締役社長の職のみを継続する。その後、6月24日付けで楠見氏が代表取締役社長になる。なお、現在取締役会長を務める長榮周作氏は特別顧問となる。

 楠見氏は現在常務執行役員で、オートモーティブセグメント担当、オートモーティブ社の社長を務めている。1965年1月22日生まれで、1989年に松下電器産業(現パナソニック)に入社。2014年に役員に就任。その後、アプライアンス社副社長ホームアプライアンス事業担当、オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社副社長などを経て、2019年4月より現職に就いている。

パナソニック 代表取締役社長 津賀一宏氏
パナソニック 代表取締役社長 津賀一宏氏

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]