logo

「ZOZOSUIT 2」登場、マーカー数50倍で高精度化--新サービス創出のパートナー企業も募集

山川晶之 (編集部)2020年10月30日 21時15分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ZOZOTOWN」を運営するZOZOは10月29日、3D計測用ボディースーツ「ZOZOSUIT 2」を発表した。採寸用ボディスーツ「ZOZOSUIT」の後継モデルとなる。

キャプション

 ZOZOSUITは、スーツ全体に施されたドットマーカーをスマートフォンで360度撮影することで、全身の採寸を目指したボディースーツ。無料配布されたこともあり、100万位件以上の体型データが集結。ZOZOTOWNで展開中のサービス「マルチサイズ」で活用されているほか、計測解像度の向上を目指して開発を続けていたという。

 ZOZOSUIT 2では、マーカーの数を従来モデルの400個から2万個に増やし、計測解像度を向上。より詳細に体型情報を捉えることができるようになったという。マーカーのデザインも、2mmのドットを6mmに大型化したことで、スマートフォン側が読み取りやすくなった。3Dモデルを生成するアルゴリズムも改善。撮影中の動きを補正したり、輪郭情報を使って3Dデータを最終的に補正する技術などを導入している。

キャプション
マーカーを改善
キャプション
マーカー数は400個から2万個に

 これにより、3Dレーザースキャナーを使った計測結果と比較した際の平均誤差を3.7mmに抑えることができたという。スマートフォンの手軽さも含め、より高い精度の計測データが求められるスポーツウェアやアンダーウェア等の開発・サイズ推奨、フィットネス、予防医療、ヘルスケア、ゲーム、エンタメなどの領域でお活用を模索するとしている。

 同社では、スマートフォンで高精度な足の3Dサイズ計測ができる「ZOZOMAT」を提供しているが、ZOZOSUIT 2の登場により、両プロダクトを組み合わせた新サービスを創出するパートナー企業も募集する。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]