logo

USB 3.0やデュアル4Kに対応--共同開発者が語る「Raspberry Pi 4はPC」の真意

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新しい「Raspberry Pi 4 Model B」が米国時間6月23日に登場し、低価格コンピューターRaspberry Piはこれまでよりもはるかに高性能なマシンに進化した。

 Raspberry Pi 4は新たなハードウェアプラットフォームを基盤としており、最大4GBのメモリー、USB 3.0、デュアル4Kディスプレイのサポート、より高速で新しいCPUとGPUを搭載する。

 この新しいボードの機能や従来のRaspberry Piコンピューターとの違いについては、米TechRepublicのレビューとベンチマークフォトレポートを参照してほしい。

 Raspberry Pi 4は3年の開発期間を経て、大方の予想よりも1年早く発売となった。

 米TechRepublicは、Raspberry Piの共同開発者でRaspberry Pi Tradingの最高経営責任者(CEO)を務めるEben Upton氏にインタビューし、Raspberry Pi 4の開発につながった決定や新たに実現する用途について聞いた。

続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]