logo

Instagram、ニュースの入手先としてTwitterに迫るとの調査結果

Abrar Al-Heeti (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 高森郁哉 (ガリレオ)2020年06月17日 12時43分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニュースの入手先として、Instagramが今後1年以内にTwitterを抜く可能性が高いとの予測を、Reuters Instituteの「Digital News Report 2020」が示した。同レポートによると、Instagramでは全年齢層におけるニュース利用が2018年から倍増したという。

Instagram
提供:Angela Lang/CNET

 近年「ストーリー」や動画視聴用アプリ「IGTV」など機能を拡充してきたInstagramについて、毎週使うと回答した人は全体で3分の1超(36%)、25歳未満では約3分の2(64%)だった。Instagramの利用時間が増えるとともに、同SNSにおけるニュースの役割も大きくなっている。調査では、全年齢層で11%がニュースを入手するためにInstagramを使っている一方、同目的でTwitterを使う人の割合は現在12%であることが示された。

 3分の2超(69%)の人が毎週スマートフォンを利用してニュースを閲覧しており、ニュースを知る主な手段としてスマートフォンを使っている人は、ソーシャルネットワークを介してそうした情報にアクセスする傾向が他と比べてはるかに高かった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]