logo

アマゾン、出品業者のデータを利用して自社商品を開発か--調査開始

Abrar Al-Heeti (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2020年04月24日 11時19分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazonの従業員らが、同プラットフォームに出品しているサードパーティのセラー(マーケットプレイスの出品者)に関するデータを利用して、競合する商品を開発していたという。The Wall Street Journal(WSJ)が米国時間4月23日に報じた。こうした行為は、独自の商品を開発する際にサードパーティーのセラーから収集した情報は利用しないとするAmazonの主張と矛盾していると、記事では伝えている。

Amazonのロゴ
提供: Getty Images

 報道によると、Amazonが収集している情報は、同社が価格や取り込む機能を決めたり、その商品分野に参入するかどうかを判断したりするのに役立つという。WSJはAmazonのプライベートブランド(PB)事業を担当していた元従業員20人以上を取材したほか、こうした行為について概要をまとめた資料とされるものを入手した。

 こうした行為の一例としてWSJが挙げているのは、Amazonの従業員らが、ベストセラー商品となっていたサードパーティーのベンダー製のトランク用収納ケースについて、売上総額や、売り上げごとにAmazonが得ていた金額などのデータにアクセスしていた事例だ。AmazonのPB事業はその後、独自のトランク用収納ケースを発売した。

 Amazonの担当者はWSJの報道内容を否定したが、「(当社は)これらの指摘を重く受け止めて」おり、内部調査を開始したことを明らかにした。

 この担当者はさらに「当社では発売するPB商品を決めるのに、従業員がセラー固有の非公開データを使うことを固く禁じている」とした。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]