logo

グーグル、欧米で「Stadia」ストリーミングゲームを無料開放

Oscar Gonzalez (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年04月09日 08時01分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleが米国時間4月8日、同社のストリーミングゲーム配信サービス「Stadia」について、無料プランの提供を欧米14カ国の市場で開始した。また同社は新規登録ユーザーへの特典として、通常は月額9.99ドル(約1100円)かかる「Stadia Pro」プランへのアップグレードを2カ月間限定で実施することも明らかにしている。

Stadia
提供:Sarah Tew/CNET

 Googleは2019年11月にStadia Proの提供を開始し、同時に2020年前半には無料プランを提供する考えを示していた。今回リリースされた無料プランには「Gmail」のアカウントがあれば誰でも登録できる。

 Stadiaは、一部の「Android」搭載端末上で公式アプリを使ってプレイ可能だ。公式アプリは「iOS」でも提供されているが、「iPad」や「iPhone」ではゲームのプレイはできない。ユーザーは、Stadiaウェブサイト上のゲームを自分のコンピューターやノートPCにストリーミングすることも可能だが、テレビでStadiaを使用したい場合は、「Chromecast Ultra」をテレビに接続する必要がある。同サービス用の公式コントローラーがGoogleから販売されているが、「PS4」や「Xbox One」用のものを含む、一部のBluetoothコントローラ-でも代用できる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]