logo
新型コロナウイルス関連

Uber Eats、新型コロナ対策で閑古鳥の個人店舗を支援--北米で10万店超の配送料を無料に

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Uberは、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染拡大にともなう自宅待機要請で客足が途絶えた個人経営レストランを支援するため、食品宅配サービス「Uber Eats」利用時の配送料を無料にした。対象は、Uber Eatsに対応している米国およびカナダの店舗で、10万軒以上あるという。

地元のお店を応援しよう(出典:Uber)
地元のお店を応援しよう(出典:Uber)

 新型コロナウイルスによる感染症(COVID-19)を懸念して外出を控える人が増え、レストランでは店内で食事する人が減ってしまったそうだ。その影響で経営難に陥る個人経営のレストランを支援しようと、UberはUber Eatsの配送料を無料化し、フードデリバリー需要の喚起を図った。

 この施策に加え、Uberは各地のレストランに対する注文を促そうと、アプリおよびメールでキャンペーンを実施するとした。特に、アプリの新規ユーザーを対象にキャンペーンを展開していく。

アプリとメールでも支援キャンペーン(出典:Uber)
アプリとメールでも支援キャンペーン(出典:Uber)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]