logo

[ブックレビュー]イキイキ働き続けるためのヒント--「脳科学に基づく働き方革命 Alive at Work」

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日経BP社
詳細:単行本 / 264ページ / 日経BP / 著者:ダニエル M.ケイブル / 監修:竹本 毅 / 発売日:2019/11/23 / 外形寸法 (H×W×D):18.8cm×13.0cm×2.2cm / 重量:0.3kg
内容:がっかりすることが続いた先の「諦め」や、逃れられない「恐怖」を経験してしまうと、そこから立ち直り、楽しみや目的を見つけて行動することができなくなる。いったん、諦めや恐怖に支配されると、それを取り除くことがいかに難しいことか。多くの実験で示される結果と合わせて実生活でも、そのような事例は多く見られるだろう。ひょっとすると、自身がそのような状態にいるかもしれない。
「脳科学に基づく働き方革命 Alive at Work」
「脳科学に基づく働き方革命 Alive at Work」

 がっかりすることが続いた先の「諦め」や、逃れられない「恐怖」を経験してしまうと、そこから立ち直り、楽しみや目的を見つけて行動することができなくなる。いったん、諦めや恐怖に支配されると、それを取り除くことがいかに難しいことか。多くの実験で示される結果と合わせて実生活でも、そのような事例は多く見られるだろう。ひょっとすると、自身がそのような状態にいるかもしれない。

 これが、組織において実際に起こっていること、と言われたらどうだろう。その組織の「未来は明るい」と言えるだろうか。本書は、人間(というよりも動物)の持つ「探求脳」について、まずは知るところから始まる。毎日、やる気を持って働き、創意工夫を行い、職場に通う。従業員がこれを続けていけるのはなぜか。あるいは、すぐに会社を辞めてしまう人が多いのはなぜか。「こんなにいい会社なのに」と思っているのは経営者だけかもしれない。

 最も重要なことは、人によって求めるものは違っても、意味や意義、目的があるのとないのとでは、仕事の成果のみならず、「生き方」そのものが変わるということ。それは、組織のマネジメント層だけではなく、自分たち一人一人が知っておくべきことなのではないか。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]