logo

次世代車椅子のWHILL、国内外5つの空港で自動運転パーソナルモビリティの実証実験

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 WHILLは12月26日、国内外の5つの空港において、自動運転パーソナルモビリティである「WHILL自動運転システム」の実証実験を実施したと発表した。2020年度以降、順次実用化を目指すという。

キャプション

 同社では、歩行困難者の社会参加の機会を増やすとともに、介助などの負荷を軽減したいと考え、空港など施設内での利用を想定した同システムを開発した。自動停止・自動運転・衝突回避機能などを備えており、長距離の歩行を困難と感じる高齢者・障害者の移動シーンを想定しているという。

 2019年1月に米国の家電・技術展示会「CES 2019」でプロトタイプを発表。5月のアムステルダム・スキポール空港(オランダ)を皮切りに、11月の羽田空港、ダラス・フォートワース国際空港(米国)、12月のアブダビ国際空港(アラブ首長国連合)、ウィニペグ国際空港(カナダ)と、実証実験を実施してきた。

キャプション

 同社によると、有人での実証実験では、述べ100名以上の乗客が実際に同システムを利用したという。いずれの空港でも、ユーザビリティや機能について、関係者や乗客から高い評価を受けたとしている。

 介助されていた車椅子利用者が、自分でモビリティを運転することで、自由に施設内を回遊できるようになり、結果として消費の拡大が見込めるようになるほか、長距離の移動を負担と感じていた新たな客層の取り込みも期待できるとしている。

キャプション

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]