logo

テスラ、ホリデーソフトウェアアップデートでフル自動運転モードをプレビューへ--マスク氏ツイート

Sean Szymkowski (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2019年12月23日 12時07分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Teslaの最高経営責任者(CEO)Elon Musk氏はTwitterで、ソフトウェアアップデートを予定していることを明らかにした。Tesla車で、「Full Self-Driving」(フル自動運転:FSD)モードの「スニークプレビュー」版を入手できるという。またゲーマー向けに、Tesla車にユニークな農場シミュレーションゲーム「Stardew Valley」が搭載される。

 注目度が高いのは、フル自動運転機能が初めて披露されることだ。ただし、Musk氏は、プレビューで何を意図しているのかということについてを説明していない。おそらく、搭載される機能を一部の所有者がいち早く利用できるということかもしれない。Teslaは、一時停止の標識や信号を認識できる機能のほか、「市街地の道路を自動運転」できる機能を約束している。

 Musk氏は以前、2020年末までに完全に自律走行できるTesla車を実現したいと述べていた。

 米CNETはTeslaにコメントを求めたが、回答は得られていない。

 これまでのアップデートのように、さらなるビデオゲームが追加され、Teslaのモデルの大型画面でプレイできるようになるようだ。

 Musk氏のツイートの最後は、このアップデートに「他にもいくつかの機能」が盛り込まれるとなっている。

Tesla
提供:Tesla

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]