logo

VR売上高が増加傾向に--Facebookの「Oculus Quest」がけん引

Ian Sherr (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年12月12日 10時49分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 仮想現実(VR)がもたらす効果はこれまで、少なくとも少しは魅力的だった。目の前に画面を表示するヘッドセットを装着すれば、銀河系の向こう側で宇宙船を操縦したり、シロナガスクジラとともに深海をダイビングしたり、ダースベイダーからライトセーバーの使い方を学んだりする空想の世界に浸ることができる。しかし、2016年に最新型のVRヘッドセットが発売されて以降、その売れ行きは思わしくはないようだった。

VR
提供:Sarah Tew/CNET

 Facebookの「Oculus Quest」によって、業界はその状況を脱することができるかもしれない。同社は、5月に発売した399ドル(日本では4万9800円)の同ヘッドセットを、過去最高のVR体験を提供する製品として売り込んでいる。他のハイエンドなヘッドセットとは異なり、Questはコンピューターに接続しなくても動作する。演算装置は全てヘッドセットそのものに組み込まれており、少なくとも500ドルはするコンピューターを不要とすることによって、装置全体のコストが抑えられている。

 市場調査企業Nielsen傘下のSuperData Researchによると、Questの売れ行きは、VR業界の全体的なハードウェア支出の底上げに貢献しており、ハードウェア支出は、2018年の16億ドルから31%増加して、2019年は21億ドルになるという。消費者がQuestヘッドセットを購入している以外にも、企業によるVR支出が全般的に増加していると、SuperDataは述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]