logo

ネットの「独占」を解消する--大統領選に出馬表明のサンダース氏、計画を発表

Carrie Mihalcik (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2019年12月09日 11時29分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2020年の米大統領選挙に民主党から出馬を表明しているBernie Sanders上院議員(バーモント州選出)は米国時間12月6日、自身が大統領に選出された場合にはインターネットを公益事業のように扱い、「インターネットサービスプロバイダーとケーブルの独占企業」を解体するという計画を発表した。Sanders氏によるこの「High-Speed Internet for All」(すべての人のための高速インターネット)計画では、地方自治体と州政府に助成金1500億ドル(約16兆円)を支給し、グリーン・ニューディール政策の一環として公営のブロードバンドネットワークを構築することを提案している。

Bernie Sanders上院議員
Bernie Sanders上院議員
提供:MediaNews Group/St. Paul Pioneer Press via Getty Images / Contributor

 Sanders氏はまた、計画の中で、インターネットはComcast、AT&T、Verizonなどの企業にとって「料金をつり上げて確実に利益を生む仕掛け」であってはならないとして、既存のインターネットプロバイダーを批判している。計画では、既存の独占禁止当局を利用して、Sanders氏の言う「インターネットサービスプロバイダーとケーブルの独占企業」を解体することに加え、ネット中立性規則の復活も提案している。また、インターネットおよびケーブル各社に対し、サービスにかかるコストについて透明性を高めるとともに、隠れた料金のようなものを排除するよう求めていくという。

 同氏は6日のツイートで、この計画は「都市と地方」を含む全てのコミュニティーに高速インターネットをもたらすことで、米国をより平等にするものだとした。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]