logo

「Magic Leap One」ヘッドセット販売は目標に遠く及ばず?--6カ月間で6000台との報道

Corinne Reichert (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年12月09日 09時02分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 複合現実(MR)ヘッドセット「Magic Leap One」は、発売から6カ月間の販売台数がわずか6000台だったという。Magic Leapの最高経営責任者(CEO)Rony Abovitz氏は、最初の1年間の販売目標を10万台としていたが、遠く及ばないようだ。The Vergeが米国時間12月6日、The Informationの記事を引用して報じた。Abovitz氏は発売当初、最初の1年間で100万台を販売する計画だったが、後に10万台に引き下げていたという。

Magic Leap One
提供:Sarah Tew / CNET

 Googleが出資するMagic Leapは、2018年にMagic Leap Oneを2295ドル(約26万円)で発売した。

 記事によると、第2世代のヘッドセットがリリースされるのは「何年も先」になる見通しだという。また、Sundar Pichai氏はMagic Leapの取締役を退任したという。Pichai氏は先週、Google親会社のAlphabetのCEOとなることが発表されている。

 米CNETはMagic Leapにコメントを求めたが回答は得られていない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]