logo

プレイステーションが「最も売れた家庭用ゲーム機」でギネス認定--25年で4億5000万台

佐藤和也 (編集部)2019年12月04日 07時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は12月3日、同社が展開しているゲーム機「プレイステーション」が、ギネスワールドレコーズより「史上最も売れた家庭用ビデオゲームコンソールブランド」としてギネス世界記録に認定されたことを発表。同日に認定式を行った。

元ソニー・コンピュータエンタテインメント名誉会長の久夛良木健氏(左)と、ソニー・インタラクティブエンタテインメント社長兼CEOのジム・ライアン氏
元ソニー・コンピュータエンタテインメント名誉会長の久夛良木健氏(左)と、ソニー・インタラクティブエンタテインメント社長兼CEOのジム・ライアン氏

 世界一として認定されたのは、「プレイステーション」、「プレイステーション 2」、「プレイステーション 3」、「プレイステーション 4」の累計販売台数。11月7日時点のVG Chartzによる推定数値では、4億5019万台を販売したとしている。初代プレイステーションは、1994年12月3日に発売。25周年を迎えたこの日に世界一と公式に認定された。

対象となった4台のゲーム機と認定証とともに撮影に応じる2人
対象となった4台のゲーム機と認定証とともに、撮影に応じる2人

 認定式では、ソニー・インタラクティブエンタテインメント社長兼CEOのジム・ライアン氏に加え、プレイステーションの生みの親として知られる、元ソニー・コンピュータエンタテインメント名誉会長の久夛良木健氏が登壇。ギネスワールドレコーズジャパン代表の石川佳織氏からギネス世界記録公式認定証が授与された。さらに同社が展開している「どこでもいっしょ」のトロと、「サルゲッチュ」シリーズのピポサルも登場し、華を添えていた。

ギネスワールドレコーズジャパン代表の石川佳織氏
ギネスワールドレコーズジャパン代表の石川佳織氏
トロとピポサルも登場し、場を盛り上げていた
トロとピポサルも登場し、場を盛り上げていた

 ジム氏は通訳を介さず日本語でコメントし、プレイステーションにかかわるスタッフやパートナー、そしてユーザーに感謝の言葉を述べるとともに、未来の発展に向けた意気込みを語った。久夛良木氏は、25年前に100万台を目指すことを、背伸びしつつ天高く目標として掲げた高揚感が、今では懐かしく思い出されると振り返り、今後もプレイステーションの躍進を見守っていくと話した。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]