logo

旭化成ホームズ、家事時間を短縮できる家を公開--ちょっとした手間減らし「1時間のゆとり」

加納恵 (編集部)2019年11月28日 08時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 旭化成ホームズが、ゆとりを産む家づくりに取り組んでいる。食洗機や高機能グリル、浴室乾燥暖房機などを組み合わせ、家事時間を短縮。11月27日、「ちょっとした手間」を減らす工夫を積み重ねた「1時間のゆとりを産む家」を公開した。

旭化成ホームズが家事時間を短縮できる家を公開した
旭化成ホームズが家事時間を短縮できる家を公開した

 ゆとりを産む家は、「ゆとりうむプロジェクト」の一環として公開したもの。旭化成ホームズのほか、旭化成ホームプロダクツ、ナック、マルコメがオフィシャルパートナーに名を連ねる。旭化成ホームズの「HEBEL HAUS(ヘーベルハウス)」内に、時短家事につながる工夫を展示。それらを組み合わせることで、家事時間を減らし、ゆとりを産み出す計画だ。東京都北区にある「ヘーベルハウス王子展示場」で、12月15日までの期間限定で公開している。

 住宅設備関連では、手をかざすと水が出る「タッチレス水栓」やほったらかし調理ができる「IH/ガスコンロ」、食器洗浄乾燥機などにより日々の負担を軽減。トークショーのゲストとして登場した節約アドバイザー、ファイナンシャルプランナー、消費生活アドバイザーの丸山晴美氏は「タッチレス水栓はハンバーグを作っている時など、手を洗うのが格段に楽になる。ちょっとしたことだけど、時短につながる」とコメント。旭化成ホームズ くらしノべーション研究所主幹研究員の伊藤香織氏は「ほったらかし調理ができると、段取りを考える必要がなくなり頭の中のタスクを減らせる。それが心のゆとりにつながる」とした。

キッチンの形も対面キッチンからマルチアイランドキッチンへと売れ筋が変化している
キッチンの形も対面キッチンからマルチアイランドキッチンへと売れ筋が変化している

 伊藤氏はヘーベルハウス居住者を対象とした「家事やくらしに関する調査」結果を公開。それによると「今よりも省力化したい家事」として複数上がった回答が洗濯物に関するものだったとのこと。その解決策として「ランドリークローク」を紹介した。

 戸建ての家の多くは一階に洗濯機があり、洗濯物をベランダまで運んで干し、取り込んだ洗濯物を畳み、しまうという作業が必要だ。ランドリークロークは、洗濯、干す、たたみ、しまう作業のすべてを1カ所にまとめることで、行き来の手間を省くというもの。洋服はすべてハンガーにかけることで、たたむ手間もなくしている。このほか、浴室掃除は、ワイパーのように水を散布することで汚れを落とす「床ワイパー洗浄(きれい除菌水)」を採用。床掃除の手間を減らした。

洗濯、干す、たたみ、しまう作業のすべてを1カ所にまとめた「ランドリークローク」
洗濯、干す、たたみ、しまう作業のすべてを1カ所にまとめた「ランドリークローク」
ランドリークロークはワンフロアにまとめることで、洗濯の負担が軽減し、家事効率がアップする
ランドリークロークはワンフロアにまとめることで、洗濯の負担が軽減し、家事効率がアップする

 住設以外の部分では、「ジップロックフリーザーバッグ」を使った「下味冷凍」を紹介。肉や魚などの食材に下味をつけながら冷凍保存する方法で、食事の準備時間を短縮できるというもの。すでに実践しているという丸山氏は「料理は献立を考え、材料をそろえ、調理、配膳、後片付けまでとやることが多い。下味冷凍はその調理の部分を時短化できるもの。味付け肉は焦げやすいため、自宅ではホイルを使って焦げずに調理、洗い物も楽になるようにしている」とアドバイスした。

「下味冷凍」で作ったチキン。下味につけておくことで柔らかく仕上がる
「下味冷凍」で作ったチキン。下味につけておくことで柔らかく仕上がる

 このほか、いつでも温かいお湯や冷たい水が使えるウォーターサーバー「クリクラ」の設置やその横に「フリーズドライ顆粒みそ汁 料亭の味」を置くことで、すぐにお味噌汁が作れる設置になっている点も丸山氏は「すごくいい。生タイプのみそ汁はみそを出す時に手が汚れてしまって、ストレスになっていた。顆粒タイプは手につく心配がない」とした。

 ゆとりうむプロジェクトの理事長を務める立命館大学 産業社会学部教授で社会学者の筒井淳也氏は「日本の家事は世界で一番品質が高いと言われている。しかし共働き世帯が増えた今、この質を維持することは難しい。質を維持したまま省力化する工夫が必要。働き方改革により、仕事の作業時間は減らせている。同じことは家でもやれるはず」とし、ゆとりを産む家の重要性を説いた。

 クリスマス前ということもあり、室内にはクリスマスの装飾が施されていたが、観葉植物にオーナメントを吊るすだけなど、こちらも時短を意識したものになっていた。

観葉植物にオーナメントをつけたクリスマスツリー
観葉植物にオーナメントをつけたクリスマスツリー
左から、ゆとりうむプロジェクトの理事長を務める立命館大学 産業社会学部教授で社会学者の筒井淳也氏、節約アドバイザー、ファイナンシャルプランナー、消費生活アドバイザーの丸山晴美氏、旭化成ホームズ くらしノべーション研究所主幹研究員の伊藤香織氏
左から、ゆとりうむプロジェクトの理事長を務める立命館大学 産業社会学部教授で社会学者の筒井淳也氏、節約アドバイザー、ファイナンシャルプランナー、消費生活アドバイザーの丸山晴美氏、旭化成ホームズ くらしノべーション研究所主幹研究員の伊藤香織氏

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]