logo

Twitter、「返信を非表示にする」機能を世界中で正式提供

Queenie Wong (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年11月22日 09時06分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterは米国時間11月21日、ユーザーが自分のツイートに対する返信を非表示にできる機能を世界中で提供開始したことを明らかにした。不快なコメント、話題と無関係なコメント、悪意あるコメントを排除しやすくするものだ。

提供:James Martin/CNET
提供:James Martin/CNET

 嫌がらせやいじめをなくすための対策が十分でないとして批判されている同社は、この機能を米国、日本、カナダでテストしていた。Twitterは、同サイト上でより好意的な会話を促進するための手段を模索している。その一方で、ソーシャルメディアサイトは、人々の意見や信念を助長しているにすぎないと懸念されてもいる。

 Twitterはこのテストを通じて、ユーザーが「不適切、話題と無関係、迷惑」と考える返信を主に非表示にすることが分かったという。また、政治やジャーナリズムに携わる著名人は、この機能をあまり使わないということも分かった。同社によると、返信を非表示にしたカナダのユーザーの約27%が、今後は他のユーザーとのやり取りについて再考したいと述べたという。返信を非表示にしたユーザーの約85%が、他のユーザーをブロックしたりミュートしたりはしなかった。

 返信を非表示にするには、ツイート右下隅にある灰色の下向き矢印をクリックし、選択肢の中から「返信を非表示にする」を選択する。返信の非表示を解除することも可能で、非表示になっている返信が存在する場合は、ツイートの右下にアイコンが表示される。

 返信を非表示にする機能は、「iOS」「Android」「Twitter Lite」およびtwitter.comで提供されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]