logo

イラン政府がネットを遮断、数日経過--ガソリン値上げで抗議デモが続く中

Carrie Mihalcik (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年11月21日 11時40分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 イランではガソリンの値上げに抗議するデモ活動が続く中、数日間にわたりインターネットへの接続が遮断されている。遮断がいつ解除されるかは不明だ。CBS Newsによると、イラン政府がインターネットのほぼ全面的な遮断を開始したのは、現地時間11月16日のことだという。この遮断措置により、イラン全土で起きているデモ活動に関する国営メディアと政府の公式報道を除いて、インターネットへのアクセスができなくなった。

ガソリンの値上げに抗議する人々によって放火されたバス
ガソリンの値上げに抗議する人々によって放火されたバス
提供:AFP via Getty Images

 インターネットアクセス監視団体のNetBlocksの報告によると、イランにおける固定回線および携帯通信事業者経由のインターネットへのアクセスは、16日以降、ほぼ完全に遮断された状態が続いているという。

 NetBlocksは11月20日付のツイートで、「#Iran(イラン)がほぼ全面的なインターネットの遮断を実施してから90時間がたったが、インターネット接続は通常のわずか5%という水準のまま動かない」と現状を報告した。

 国際人権団体のアムネスティ・インターナショナルは19日、抗議活動とそれに続く政府の取り締まりで命を落とした人の数は、イランの21都市で100人以上にのぼるとの報告を受けたとしつつも、実際の死者の数はこれよりはるかに多い恐れがあると述べた。イラン政府は、抗議活動が始まった15日以降の逮捕者数や死傷者数を公式発表していないと、CBS Newsは伝えている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]