logo

ソニーが新組織「Sony AI」を設立--人工知能の研究開発加速へ

加納恵 (編集部)2019年11月20日 10時43分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは11月20日、日米欧グローバルに拠点を置く新組織「Sony AI」を設立すると発表した。人工知能(AI)の基礎的な研究開発を推進する。

 Sony AIは、ソニーグループの持つイメージング&センシング技術、ロボティクス技術や、映画、音楽、ゲームなどのエンターテインメントの資産を掛け合わせ、全ての事業領域における変革と、新たな事業分野の創出に貢献することを目的としており、将来的にはソニーの事業ドメインの枠を超えて、世界規模の課題解決に対する貢献へとつなげていくことも目指す。

 物理的実世界領域と仮想領域において、フラッグシップ・プロジェクトとそれ以外のAI倫理なども含む重要テーマに関連する各種探索的研究を推進していく方針。フラッグシップ・プロジェクトは、ゲーム、イメージング&センシング、ガストロノミーの3領域から開始する。

 今後は、世界中からAIリサーチャー、AIエンジニアの招聘、採用を実施していくとのこと。代表はソニーの執行役員でありソニーコンピュータサイエンス研究所社長の北野宏明氏が就任。米国拠点の代表にはテキサス大学オースティン校コンピュータサイエンス学部教授のピーター・ストーン氏が就く。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]