logo

アップル、ユーザーが健康調査に参加できる「Research」アプリを米国でリリース

Sarah Mitroff (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年11月15日 09時05分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは2019年、聴覚、女性の健康(月経と妊娠)、身体機能と心臓の健康の関係という3つの分野を対象とした新しい研究調査に力を入れている。Appleは9月、これらの研究調査のポータルとして機能する「Research」アプリを発表しており、このアプリが今回、米国でダウンロード提供された。

Researchアプリ
提供:Apple

 Appleは、他の手段では得られない実際の健康情報を入手することを目的に、主要な大学病院や医療機関と提携してデータを収集している。ほとんどの場合、医師に紹介されるか、自分自身で探し出さない限り、平均的な人々がそうした研究調査に参加することはない。「iPhone」や「Apple Watch」を所有している人なら誰でも参加できるようにすることで、より広範囲にわたるデータを取得することが可能だ。

 Appleは、ユーザーのデータを売ることはなく、ユーザーは送信するデータの種類を制御できるとしている。

 現在、以下の3件の調査について参加を受け付けている。

「Apple Hearing Study」

 Apple Watchの「Noise」アプリを使用して、大きな騒音が長期的に聴覚に与える影響を解析する。

「Apple Women's Health Study」

 Appleの「Cycle Tracking」機能を使用して、月経周期から、不妊症、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)、妊娠、更年期、骨粗しょう症などの状態のスクリーニングに役立つ情報を得る。

「Apple Heart and Movement Study」

 身体活動と心臓の健康の相関関係を追跡する。具体的には、歩行速度、飛行中、階段昇降などの兆候が、生活の質、入院、転倒、心臓血管の健康に関するその他の指標にどのように関連するかを調査する。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]