logo

iPhone 11シリーズ発売--「Apple 丸の内」には130人の行列

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アップルは9月20日、「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」「Apple Watch Series 5」の販売をスタートした。9月7日にオープンしたばかりのApple 丸の内では、130人もの行列ができた。

キャプション
9月7日にオープンしたばかりの「Apple 丸の内」では恒例のハイタッチ
キャプション
店内の様子

 肌寒い中での販売開始を待つために、防寒対策をする人々の姿も見られた。8時の販売開始の前には店内でスタッフが円陣を組み、新商品の発売に向けてテンションを最高潮に。8時になり扉が開かれると、恒例のスタッフとのハイタッチをしながら入店した。あまりの人の多さに、人数を調整しながらの入店となった。

キャプション
新モデルの主力端末となる「iPhone 11」
キャプション
フラッグシップモデルとなる「iPhone 11 Pro」と「iPhone 11 Pro Max」
キャプション
左から「iPhone 11 Pro Max」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11」。Proでは、超広角、広角、望遠の3眼に、iPhone 11は、超広角、広角の2眼仕様となる

 最初に新モデルを購入し、店の前で多くの取材陣に囲まれた男性はiPhone 11 Pro Maxのミッドナイトグリーンを手にしていた。毎年、新作の発売日に購入するのが毎年の恒例で、選ぶのはいつも新色だそうだ。カメラの性能が上がったため、食事の写真を撮りたいと話してくれた。発売日が増税前で、少しでも安く変えてよかったという。

キャプション
最初に新型iPhoneを購入した男性

 お目当てのiPhone 11 Proを購入した芝さんは、7時45分ころから列に並んだという。iPhoneの購入は2年ぶりらしい。オープンしたばかりのApple 丸の内にも関わらず、予想以上の列ができていて驚いたそうだ。新作の広角レンズで写真を撮るのが楽しみだという。価格に関しては、「今回は安くなった」と話してくれた。

キャプション
iPhone 11 Proを披露してくれた芝さん

 iPhone 11シリーズ最大の特徴はカメラ機能の強化にある。iPhone 11では13mm相当の超広角カメラが追加されたほか、iPhone 11 Proは、広角、超広角に2倍相当の望遠カメラを加えた3眼仕様となっている。また、夜でも手ブレなく明るく撮影できるナイトモードや、4K60p映像を複数カメラで同時に記録できるマルチカム機能などを搭載。SoCも「A13 Bionic」に刷新され、プロセッシングパワー以外にもAI機能などが強化された。

 Apple Watch Series 5は、新型のRetinaディスプレイを搭載し、常時表示しながらで18時間のバッテリー駆動を実現。手首を持ち上げなくても時間や通知などを確認することができるようになった。また、ナビなどで利用できるコンパス機能を備えたほか、女性向けに周期記録が簡単にできる「Women’s Health Study」などのヘルスケア機能、セルラーモデルでは各国の緊急番号に連絡する機能を内蔵する。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]