logo

LINEアプリで仮想通貨が買えるように--LINEが日本で取引サービス開始

山川晶之 (編集部)2019年09月17日 17時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINEのグループ会社であり、仮想通貨事業およびブロックチェーン関連事業を手がけるLVCは9月17日、国内向け仮想通貨取引サービス「BITMAX」を同日より提供開始したと発表した。Android版から先行してローンチする。

キャプション

 BITMAXは、LINEアプリ内の「LINEウォレット」タブからアクセス可能。初心者にもわかりやすいUI/UXを採用し、多くのLINEユーザーが仮想通貨取引に参加できる(LINEアカウントを持ち、満20歳以上かつ満75歳未満、日本国内に居住しているユーザーに限定)という。取り扱うのはビットコイン、イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュ、ライトコインの計5通貨で、1000円以下から購入可能だ。

キャプション
LINEウォレットタブからBITMAXでの購入までのフロー

 BITMAXでは、セキュリティの観点から米BitGoのウォレットを採用。ユーザー資産とLVC側の資産を分別して管理するとしており、取り扱う仮想通貨に対しては、コールドウォレットを導入するとしており、ウォレット管理には専門チームを設置するという。本人確認は、「銀行口座登録と身分証確認」「スマホでかんたん本人確認」「郵送で本人確認」の3パターンに対応する。

 さらに、LINE Payと連携。スピーディーな日本円の入出金が可能になるほか、LINE Payですでに本人確認が完了している場合、BITMAXでの本人確認を短縮することが可能。LINE Payで登録している銀行口座を入出金に使うことも可能だ。

キャプション
仮想通貨購入・売却フロー

 同社では、先日発表された金融庁による仮想通貨交換業者としての登録を受けたことから、国内での取引サービスを開始。なお、LINE傘下のLINE TECH PLUS PTE. LTD.が2018年7月より海外で展開している仮想通貨取引所「BITBOX」とは別のサービスになるという。また、BITBOXでは対応しているLINEトークンエコノミー専用トークン「LINK」については、現時点では取り扱わないとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]