logo

グーグル、フォッシルの技術買収はハイブリッド型スマートウォッチが目的か

Corinne Reichert (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高橋朋子 (ガリレオ)2019年09月17日 11時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleが2019年に入ってFossilの技術を4000万ドル(約43億円)で買収したのは、ハイブリッド型スマートウォッチの技術を手に入れるのが目的だったと、Wareableが現地時間9月16日、匿名の情報筋の話として報じた。この技術は、Fossilの社内で「Project Diana」と呼ばれているという。「digital(デジタル)」と「analog(アナログ)」をかけ合わせて「Diana」だ。

提供:Fossil
提供:Fossil

 記事によると、Project Dianaは、「物理的な時計の機能とデジタル要素を」組み合わせた技術で、ディスプレイをもたない時計なども含まれるという。

 買収額の4000万ドルには、Project Dianaの技術を利用するためのライセンスのほか、Fossilが2015年、2億6000万ドルで買収したMisfitから獲得した約20人のエンジニアの移籍費用が含まれると記事は伝えている。

 Googleは1月、Fossilから未発表のスマートウォッチ技術を買収すると発表した。GoogleとFossilは、それ以前からスマートウォッチの開発で協力していた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]