logo

実在しない障害物の情報で自動運転車を混乱させる対LiDAR攻撃--ミシガン大学が考案

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ミシガン大学の研究チームは、自動運転車に対するサイバー攻撃として、距離計測センサーのLiDAR(ライダー)に偽情報を送り込む手法を考案した。実在しない障害物が存在するかのように見せることで、自動運転車の動作を混乱させられる。

LiDARをだます攻撃手法(出典:ミシガン大学)
LiDARをだます攻撃手法(出典:ミシガン大学)

 自動運転車は周囲の状況を把握するため、カメラやレーダー、ライダーなど複数のセンサーを搭載している。センサーにはそれぞれ得意、不得意があるため、自動運転車は各センサーで得た情報を組み合わせてどう動くか判断している。たとえば、可視光映像で情報を取得するカメラは、道路標識にステッカーが貼られるなどして改変されるとだまされてしまい、最終的に交通渋滞や事故を起こす可能性があるという。

 研究チームは、LiDARに偽情報を送り込むため、あるパターンのレーザー光線をLiDARの受光部に照射。こうすることで、実際にはない障害物を、あたかも存在するように誤解させられた。

あるパターンのレーザー光線をLiDARの受光部に照射(出典:ミシガン大学)
あるパターンのレーザー光線をLiDARの受光部に照射(出典:ミシガン大学)

 この手法をシミュレーションしたところ、75%の頻度で攻撃に成功したという。具体的には、必要のない緊急ブレーキをかけさせたり、立ち往生させたりできたそうだ。

研究の紹介ビデオ(出典:ミシガン大学/YouTube)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]