logo

東京ゲームショウ2019が開幕--最先端のゲームや5Gなどもアピール

佐藤和也 (編集部)2019年09月12日 13時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ゲームイベント「東京ゲームショウ2019」が9月12日、千葉県の幕張メッセにて開幕した。12日と13日がビジネスデイ、14日と15日は一般公開日となっている。

 東京ゲームショウは1996年に第1回が開催。23年目を迎えた国内最大規模のゲームイベントとなっている。今回も、幕張メッセの国際展示場1~11ホール、幕張イベントホール、国際会議場の全館を使用。今回は40の国と地域から、655の企業と団体が出展。国内出展社数は過去最多の350社、海外出展社は3年続いて300社を上回り、出展小間数は2417小間と過去最多を記録した。

 家庭用ゲーム機、スマートフォン、PC向けの新作タイトルのほか、盛り上がりを見せているeスポーツのステージ、VRに対応した最先端のゲームなどを展示。また今回はNTTドコモが大型ブースを出展し、5G時代の世界観を体感できるイベントなどを行うのも特徴となっている。

NTTドコモが大型ブースを出展。5Gをアピール
NTTドコモが大型ブースを出展。5Gをアピール
ゲームメーカー各社がブースを出展
ゲームメーカー各社がブースを出展

ブースでは試遊だけではなく、撮影コーナーも設けられている
新作タイトルのステージも実施
新作タイトルのステージも実施
KONAMIのゲーム機「PCエンジン mini」。収録58タイトルが試遊できる
KONAMIのゲーム機「PCエンジン mini」。収録58タイトルが試遊できる

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]