logo

「iPhone 11」シリーズの第一印象--最大の賭けはカメラ機能

Jessica Dolcourt (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2019年09月13日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間9月10日のイベントで、「iPhone」のラインアップを2019年向けに更新し、「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」を発表した。これらの新型iPhoneでは、新たな複数のカラーが追加され、バッテリー持続時間が長くなったほか、より高速なパフォーマンスを約束する「A13 Bionic」プロセッサーも内蔵されている。だが、一番の目玉は、カメラのハードウェアとソフトウェアだ。iPhone 11 Proと11 Pro Maxの背面には3つ、iPhone 11の背面には2つのカメラがそれぞれ搭載されている。米CNETは早速実機に触れる機会を得たので、感想を以下で紹介する。

figure_1
提供:Shara Tibken/CNET

 2019年の新型iPhoneのラインアップは、これまでと異なるカラーのモデルもあるかもしれないが、全体的なデザインに関して言えば、2018年の「iPhone XS」「iPhone XS Max」「iPhone XR」と酷似している。もちろん、ノッチも継承されている。

 iPhone 11 ProとPro Maxの背面に搭載された3つのカメラは、Appleが守りに入った2019年のシリーズの中で、最も大きな賭けに出た部分だ。多くの人にとって、iPhoneは、スマートフォンのデザインと、例えば「Face ID」によるロック解除などの最先端機能を象徴する代表的な存在である(Appleによると、Face IDによるロック解除は以前よりも高速化しているという)。だが、Wi-Fi 6のサポートなど、基本的な機能は提供するものの、iPhone 11の3種類のモデルは限界に挑戦することはせず、カメラの大規模な変更とさまざまな細かい改良によって勢いを維持しようとしている。

 5Gには対応しておらず、うわさされていたリバースワイヤレス充電機能(Appleの「AirPods」や「Apple Watch」、ほかのスマートフォンをiPhone 11の背面に置くだけで充電できる機能)も搭載されていない。「Galaxy S10」および「Galaxy Note10」スマートフォンでは、すでに同様の機能を利用できる。

 新しいiPhone 11は「Apple Pencil」に対応する、「Lightning」コネクターの代わりにUSB-Cポートが採用される、といったうわさがあったが、Appleはそれらの機能の搭載も見送った。

 それでは、新型iPhoneが提供するすべての重要な機能を見ていこう。

iPhone 11シリーズの実機を触ってみた感想

 米CNETはiPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxの実機に触れる機会を得た。本体カラーと仕上げの見た目と感触は、2018年のiPhoneラインアップ、特にiPhone XR(2019年のモデルだとiPhone 11が相当)と比較すると、より洗練されているように感じる(本体に指紋が付着することも大幅に少なくなった)。

 最も目を引いたのはカメラ、特に望遠レンズだった。これが、iPhone 11とそれよりもはるかに高価な11 Proおよび11 Pro Maxの最大の違いであるように感じるからだ。そのほかの機能の多くは、3機種すべてに搭載されている。少なくともわれわれが実機に触れた短い時間で確認した限りではそうだった。

figure_3
提供:Apple/Screenshot by Jessica Dolcourt/CNET

 前面カメラの新しいスローモーション動画モードは楽しい機能だが、絶対に必要な機能では決してない。それでも、ほかのスマートフォンメーカーはおそらくこの機能を真似するだろう。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]