logo

Alexaに対応したスマートウォッチ「Fitbit Versa 2」--日本人の睡眠は18カ国で最低ランク

坂本純子 (編集部)2019年09月11日 20時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Fitbitは9月11日、スマートウォッチ「Fitbit Versa」の次世代モデル「Fitbit Versa 2」を9月24日に発売すると発表した。価格は通常モデルが2万6990円(税込)、予備のベルトなどが付いたスペシャルエディションが3万1800円(税込)。

Amazon Alexaに対応したスマートウォッチ「Fitbit Versa 2」
Amazon Alexaに対応したスマートウォッチ「Fitbit Versa 2」

 Fitbit Versa 2は、8月に発表していた製品で、同社製品として初となるAmazon Alexaに対応。音楽やポッドキャストのコントロールを可能にするSpotifyアプリを全モデルに搭載している。5日間以上のバッテリーライフも特徴の一つ。

バンドのラインアップも充実
バンドのラインアップも充実
スポーツ向けのバンドも
スポーツ向けのバンドも

 また、睡眠の質を評価する「睡眠スコア」、機械学習を利用して事前に選択した30分の間隔を元に、睡眠サイクルの中で最適な時間(浅い睡眠かレム睡眠中)に起床を促す「スマートウェイク」。スクリーンディスプレイと通知機能をオフにする「スリープモード」、ユーザーに血液中の酸素レベルの変異の推定値を提供する「推定酸素偏差グラフ(Estimated Oxygen Variation Graph)」(近日実装)といった睡眠に関する機能も搭載する。

Fitbit Versa 2の機能
Fitbit Versa 2の機能
Fitbit Versa 2の機能
Fitbit Versa 2の機能

 このほか、自動アクティビティトラッキング、24時間心拍数トラッキング、15種類以上のエクササイズモード、GPS接続、水泳などもできる耐水仕様などの特徴がある。

睡眠スコアベータ機能の結果
睡眠スコアベータ機能の結果

 さらに、高い性能とシームレスなナビゲーション実現のため、Versaと比較して高速なプロセッサーを搭載。より大きいAMOLEDディスプレイの採用で、高い視認性とくっきりとした色味を実現。2日以上のバッテリーライフを誇る常時画面表示モードが選択可能だ。

日本のFitbitユーザーに見る睡眠の傾向

 フィットビット・ジャパン合同会社のカントリーゼネラルマネージャー 千川原智康氏は、最近のフィットビットのユーザーについて「女性が増えている。日本はコンシューマーもさることながらB2Bも強い国。2018年にも増して堅調に推移している」とし、好調さをアピールした。

Fitbitユーザーの動向
Fitbitユーザーの動向
ビッグデータを保有するFitbit
ビッグデータを保有するFitbit

 また、Fitbit 副社長兼アジア太平洋地域事業部長のスティーブ・モーリー氏は、現状のFitbitは2700万のアクティブユーザーのうち、73%のユーザーは体重が減少し、さらに一晩あたり10分以上の睡眠増加が得られる傾向にあると説明した。また、平均7時間の睡眠を維持すると体重減少の確率が12%高まることが「2700万人のデータから立証されている」と語った。

 一方で、3人に1人は十分な睡眠がとれておらず、35%のFitbitユーザーは7時間未満の睡眠で、睡眠時無呼吸症状のある人の80%がそれに気がついていないと分析した。週あたりのアクティブ時間が150分ある人は安静時心拍が低く、より長い睡眠がとれているという。

Fitbitユーザーに見る睡眠データ
Fitbitユーザーに見る睡眠データ
日本におけるFitbitの睡眠データ。これは18カ国でも最低ランクという
日本におけるFitbitの睡眠データ。これは18カ国でも最低ランクという

 また、日本におけるデータの傾向としては、睡眠時間は平均6時間47分。平均就寝時間は午前12時で、Fitbitが展開する18カ国の市場で最も就寝時間が遅いという。睡眠時間も少なく、また記憶を処理する時間と言われるレム睡眠の時間も短い傾向にあるという。アジア太平洋地域を統轄するモーリー氏は、「最初のメールも一番最後に来るメールも千川原さんということがよくある。サンフランシスコをベースに仕事をしているが、日本時間の3時によく話すことを見ても日本人の睡眠の少なさを裏付けている」と実感を込めた。

Fitbit Premium。日本での価格などは未定だ
Fitbit Premium。日本での価格などは未定だ

 今後、日本においても有料メンバーシップの「Fitbit Premium」を展開する方針を明らかにした。

 測定したデータをもとに、個々にカスタマイズされたエクササイズのコンテンツガイドやコーチング機能によって、より健康に導き、フィットネスの目標達成を手助けするためのもの。米国では月額10ドル程度で秋からスタートを予定しており、日本での価格や時期は未定だが、2020年春をめどにしたいとしている。

フィットビット・ジャパン合同会社のカントリーゼネラルマネージャー 千川原智康氏、睡眠改善インストラクターの小林麻利子氏、Fitbit 副社長兼アジア太平洋地域事業部長のスティーブ・モーリー氏
フィットビット・ジャパン合同会社のカントリーゼネラルマネージャー 千川原智康氏、睡眠改善インストラクターの小林麻利子氏、Fitbit 副社長兼アジア太平洋地域事業部長のスティーブ・モーリー氏

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]