logo

リクシル、築20年の”未来の家”公開--センサー250個搭載、不審者にシャッター反応 - 8/10

加納恵 (編集部)2019年09月01日 09時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 寝室は、家具、家電を組み合わせて設置していた。日が暮れると照明が灯り、カーテンが閉まる。眠りにつく2時間前には、照明の色味を変化させるなど、睡眠を促すように設定しているという。

 起床時間になると自動的にシャッターとカーテンが開き、テレビの電源が入る。将来的には交通情報などを取得し、電車が遅延しているようであれば、早めの起床を促す仕組みなども考えられるという。写真は起床時間に合わせ、天窓が開いているところ。

 U2-Home IIには、実際にリクシルの社員が実地体験として宿泊しているという。
Scroll Right Scroll Left

 寝室は、家具、家電を組み合わせて設置していた。日が暮れると照明が灯り、カーテンが閉まる。眠りにつく2時間前には、照明の色味を変化させるなど、睡眠を促すように設定しているという。

 起床時間になると自動的にシャッターとカーテンが開き、テレビの電源が入る。将来的には交通情報などを取得し、電車が遅延しているようであれば、早めの起床を促す仕組みなども考えられるという。写真は起床時間に合わせ、天窓が開いているところ。

 U2-Home IIには、実際にリクシルの社員が実地体験として宿泊しているという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]