logo

AWS東京リージョンで障害、EC2やRDSに影響

ZDNet Japan Staff2019年08月23日 15時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazon Web Services(AWS)の東京リージョンで8月23日の午後1時頃、通信障害が発生し、Elastic Compute Cloud(EC2)とRelational Database Service(RDS)が利用しづらい状況になった。同日午後3時現在、AWSは東京リージョンにおける1つのアベイラビリティゾーン(AZ)で接続性に関する複数の問題が起きており、根本原因を特定して復旧作業中だと説明している。

 この障害によりAWS 東京リージョンをシステムを運用する多数の企業のサービスやウェブサイトなどに影響が発生し、エンドユーザーらが利用できない状況が生じている。

 最新状況はAWSのService Health Dashboardで確認できる。

Update

 日本時間2019年8月23日午後3時40分現在、AWSは、EC2ではサービスが復旧に向かってるとし、RDSでも根本原因を特定して復旧作業を進めているとしている。

 日本時間2019年8月23日午後7時現在、EC2では障害の影響を受けたインスタンスの大部分が復旧しているとし、RDSでもサービスが復旧に向かってるという。

日本時間2019年8月23日午後3時現在のAWSのステータス
日本時間2019年8月23日午後3時現在のAWSのステータス

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]