logo

大和ハウス、卒FIT向け「ダイワハウスでんき」提供開始--余剰電力買取と販売

加納恵 (編集部)2019年08月20日 15時42分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大和ハウス工業は8月20日、太陽光発電システムの固定価格買取制度において買取期間満了(卒FIT)を迎える戸建住宅オーナー向けに、太陽光発電システムの余剰電力買取および電力販売を行うサービス「ダイワハウスでんき」の提供を開始すると発表した。11月1日に開始する。


 ダイワハウスでんきは、10kW未満の太陽光発電システムを導入した戸建住宅オーナー向けに展開するもの。大和ハウス工業はもちろん他社の戸建住宅オーナーも対象になる。

 太陽光発電システムの余剰電力買取と電力販売をセットで契約でき、余剰電力買取税込価格は、11.5円/kWh。エリーパワー製などの家庭用リチウムイオン蓄電システムの新規購入者からの買取価格は、期間限定で国内最高値の22円/kWhになるとしている。他社の戸建住宅オーナーからは全国一律10円/kWhで買取、市場を開拓していく方針だ。

 電力販売は、大和ハウスの戸建住宅オーナー向けと他社の戸建住宅オーナー向けの2つを用意。買取った余剰電力の非化石価値は、「RE100」の加盟企業や戸建住宅オーナー向けに販売するほか、大和ハウスグループの工場や事業所などで活用するとしている。

「ダイワハウスでんき」の概要
「ダイワハウスでんき」の概要

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]