logo

アップルの元「Siri」責任者、マイクロソフトへ

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 高橋朋子 (ガリレオ)2019年08月20日 11時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、Appleの元人工知能(AI)担当バイスプレジデントで、「Siri」チームの責任者を務めたBill Stasior氏を起用した。Stasior氏の8月時点での新しい肩書きは、Microsoftの技術担当コーポレートバイスプレジデントとなっており、今後はMicrosoftの最高技術責任者(CTO)Kevin Scott氏の下で勤務することになる。

 The Informationが最初に報じたように、Stasior氏の新たな役目は、社内全体の技術戦略の調整を手助けすることだ。Microsoftが2016年に買収したLinkedInの元インフラ担当責任者だったScott氏は、2017年1月にMicrosoftのCTOに就任している。Scott氏は、Microsoftの最高経営責任者(CEO)Satya Nadella氏の直属で、同社のシニアリーダーシップチームの一員だ。

 Stasior氏のLinkedInプロフィールには、SiriのライバルであるMicrosoftの「Cortana」に取り組んでいるかどうかについて言及はない。Microsoftは目下、Cortanaの役割を再設定する過程にあり、担当グループ内では多くの組織再編が行われている。元Cortana担当バイスプレジデントのJavier Soltero氏は、2018年11月にMicrosoftを去った

 Stasior氏は、2003〜2012年にかけて、Amazonの検索担当バイスプレジデント、およびAmazonのシリコンバレーにある子会社A9.comのCEOを務めた。2012〜2019年には、Siriに取り組む開発者、研究者、製品マネージャー、デザイナーからなる1100人強のチームを率いていたと、同氏のLinkedInプロフィールには書かれている。そして2019年5月にAppleを去り、遺伝子診断およびデータを手がけるAvellino Labsのエグゼクティブアドバイザーに就任、今も同社のエグゼクティブアドバイザーを務めている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]