logo

アマゾン、カリフォルニア州でも自動配達ロボット「Amazon Scout」を運用開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazon.comは、自動走行ロボット「Amazon Scout」による配達をカリフォルニア州でも開始すると発表した。

横断歩道を渡るAmazon Scout(出典:Amazon.com)
横断歩道を渡るAmazon Scout(出典:Amazon.com)

 Amazon Scoutは、大きさがクーラーボックス程度のボディに6個の車輪を備え、歩道を自動走行して荷物を注文主の玄関先まで配達するロボット。2019年1月よりワシントン州で試験運用している。

 走行中にスケートボードやごみ箱、ベンチなどの障害物と出会うと、自動的に避けて進む。ワシントン州では、天気の良いときだけでなく、雨や大雪でも試験をしたという。カリフォルニア州南部のアーバインで試験運用を始める理由について、Amazon.comは「Scoutをもう少し日光浴させて良いころ合いになった」と説明。

 対象地区へ送る注文は、通常の人手による配達と、Amazon Scoutによる自動配達のどちらかになる。Amazon Scout配達になる場合でも、「Amazon Prime」会員向けの配達オプションは選択可能。

 Amazon Scoutによる配達は、月曜から金曜日の昼間限定。運用開始から当面のあいだ、Amazon.comの担当者がAmazon Scoutに同行する。

Amazon Scoutの紹介ビデオ(出典:Amazon.com/YouTube)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]