logo

トランプ大統領、Twitterでグーグルを攻撃--「厳しく監視」と警告

Richard Nieva (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2019年08月07日 10時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Donald Trump米大統領が、またもGoogleを狙い撃ちしている。米国時間8月6日の朝早くに投稿した一連のツイートの中で、Googleの最高経営責任者(CEO)であるSundar Pichai氏を攻撃したほか、2020年の米大統領選挙を前に同社を「非常に厳しく」監視していると警告した。

Donald Trump米大統領
Donald Trump米大統領
提供:James Martin/CNET

 Trump大統領は、大統領執務室でPichai氏と会談し、Googleによる2016年米大統領選挙での役割や中国における人工知能(AI)の取り組みに疑問を提起したことを明らかにした。Trump大統領はまた、証拠を挙げることなく、Googleが次の選挙を「違法に妨害」しようとしていると示唆した。

 Trump大統領は、Googleの元エンジニアで、先ごろThe Wall Street Journalに取り上げられたKevin Cernekee氏について言及した。Cernekee氏は、保守的な見解を持っていたためにGoogleから解雇されたと主張している。Googleは6日、Cernekee氏を「不満を抱く元従業員」と呼び、Googleに関する同氏の発言は「まったくの偽り」だと述べた。

 Trump大統領が反保守主義的な偏向を非難するのはよくあることだ。大統領は2018年8月、Googleの検索結果が「不正に操作」されており、自身に関する否定的なニュース記事が多く表示されるようになっていると主張した。当時、大統領は報道陣に対し、「Googleは実際に多くの人々を利用していると思う」と話した。Trump大統領はさらに、「GoogleとTwitterとFacebookは、非常に問題のある領域に足を踏み入れており、注意する必要がある」と述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]