logo

シャープ、バッテリー交換不要のビーコン「レスビー」開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは8月7日、世界最高レベルの発電効率を実現した色素増感太陽電池を電源とするバッテリー交換不要のビーコン「レスビー」を開発したと発表した。

キャプション

 これまでのビーコンは、1次電池を搭載していることに加え、電波の減衰を防ぐために地上2m程度の高所に設置する必要があったことから、高所で電池交換などの定期的なメンテナンス作業を行う必要性があった。同社では、色素増感太陽電池(50Lx程度の低照度環境でも安定的に動作)を電源とすることで電池交換を不要とし、この課題を解決した。

 また、小型化(幅74mm×高さ7mm×奥行き134mm)とオフィス空間にマッチしたデザインを採用。ネジで固定する場合でも、外観からネジが見えない構造となっている。

キャプション

 同社では、位置情報を提供するさまざまなサービス事業者への供給を通じ、同ビーコンのマーケティングを進めるという。なお、その第1弾として、清水建設の屋内外音声ナビゲーションサービスに向け、7月末に納入している。

 ビーコンは、位置情報信号をBluetoothなどで発信する機器。これを受信するスマートフォンやタブレットなどの端末の位置を測定することにより、ナビゲーションサービスなどのシステムに使われている。

キャプション

 同社は、GPSの電波が届きにくい屋内や地下施設において、スマートフォンなどを用いた位置情報案内サービスや店舗からのクーポン配信などに広く活用されつつあり、今後さらなる需要拡大を見込んでいる。

 なお、ビーコンがナビゲーションサービスに応用されると、対応アプリを導入した端末を携行する歩行者は、GPSが届かない場所であっても目的地までスムーズに移動できるようになるという。

キャプション
 

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]