logo

Facebookによる電話番号の取り扱い問題、FTCが申立書で主張か

Abrar Al-Heeti (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 高森郁哉 (ガリレオ)2019年07月24日 10時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米連邦取引委員会(FTC)は近く、Facebookが電話番号の取り扱いについてユーザーに誤解させ、写真タグ機能ついても情報の提供が不十分だったとする申立書を提出するという。The Washington Postが米国時間7月23日に報じた。FTCは先週、Facebookと和解に達したが、この申立書は和解合意書とともに提出されるという。

Facebookのロゴ
提供:Angela Lang/CNET

 FTCはこの申立書の中で、Facebookによる以前の2段階認証の取り扱いについて懸念を示している。2段階認証とは、ユーザーがFacebookにログインしようとするたびに、SMS経由で1回限りのパスワードを発行する機能だ。だが、Facebookは一部の広告主に対し、2段階認証用に電話番号を追加したユーザーを広告のターゲットにすることを、おそらくユーザーの同意を得ずに許可していたと、The Washington Postはこの件に詳しい情報筋の話として報じた。

 FTCはまた、Facebookがユーザーに対し、写真タグを追加する人物を識別したり勧めたりする機能を無効にできることを十分に伝えていなかったと主張すると報じられている。

 情報筋がThe Washington Postに語ったところによると、FTCの申立書と和解合意書の内容は7月24日に発表される見込みだという。和解に関しては、Facebookが過去に起こしたプライバシー関連の問題をめぐり、50億ドル(約5400億円)という記録的な制裁金がFacebookに科せられると報じられた。

 FTCは2018年、英国の政治コンサルティング会社Cambridge Analyticaが、Facebookユーザーの許可なく8700万人分ものデータにアクセスした問題を受けて、Facebookに対する調査を開始した。Facebookは自社のプライバシー慣行を強化することで米政府と合意したが、FTCはFacebookがその合意に違反したかどうかを調査している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]