logo

JVCケンウッドが提案する13のソリューション--VTuberから手術用モニターまで

加納恵 (編集部)2019年07月24日 08時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 JVCケンウッドグループが映像、音響、無線技術をいかしたソリューション事業を進めている。7月22~23日の2日間、東京・秋葉原のアキバ・スクエアで「JVCケンウッド ソリューションフェア 2019」を開催。13のテーマをもとにソリューション展示を実施した。

 JVCケンウッドと聞くと、スピーカーやヘッドホン、カーナビゲーションといった機器を思い浮かべがちだが、会議システムや医療向け機器などB2B事業も積極的に展開している。従来までは、映像、音響、通信関連機器とシステムソリューションの開発、製造を手がけるJVCケンウッド・公共産業システムのみで運営していたが、今回初めて、グループの総合イベントとして開催した。

 会場は、映像活用、映像セキュリティ、画像解析、空間・音響、防災・減災、エンジニアリング、デジタルトランスフォーメーション(DX)、オートモーティブ、無線システム、ヘルスケア、蓄電池、感性、デザインの13テーマに分けてソリューション展示を実施。最新事例から参考出品まで、最先端の技術を披露したほか、BCP危機管理やイノベーションなどをテーマとした各種セミナーも開かれた。
Scroll Right Scroll Left

 JVCケンウッドグループが映像、音響、無線技術をいかしたソリューション事業を進めている。7月22~23日の2日間、東京・秋葉原のアキバ・スクエアで「JVCケンウッド ソリューションフェア 2019」を開催。13のテーマをもとにソリューション展示を実施した。

 JVCケンウッドと聞くと、スピーカーやヘッドホン、カーナビゲーションといった機器を思い浮かべがちだが、会議システムや医療向け機器などB2B事業も積極的に展開している。従来までは、映像、音響、通信関連機器とシステムソリューションの開発、製造を手がけるJVCケンウッド・公共産業システムのみで運営していたが、今回初めて、グループの総合イベントとして開催した。

 会場は、映像活用、映像セキュリティ、画像解析、空間・音響、防災・減災、エンジニアリング、デジタルトランスフォーメーション(DX)、オートモーティブ、無線システム、ヘルスケア、蓄電池、感性、デザインの13テーマに分けてソリューション展示を実施。最新事例から参考出品まで、最先端の技術を披露したほか、BCP危機管理やイノベーションなどをテーマとした各種セミナーも開かれた。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]