logo

ファーウェイ独自OS「Hongmeng」はAndroidを代替するものではない?

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年07月22日 09時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 華為技術(ファーウェイ)は、同社のスマートフォンのOSに独自開発した「Hongmeng」システムを利用するのではなく、Googleの「Android」を使い続けたい意向のようだ。シニアバイスプレジデントのCatherine Chen氏がブリュッセルで現地時間7月18日、Hongmeng OSはスマートフォン用に設計されたものではないと報道陣らに述べたという。中国国営通信社の新華社が報じた。

Huawei
提供:Angela Lang/CNET

 Hongmengは産業用に開発されており、スマートフォン用OSよりもコード行数ははるかに少なく、また、はるかに低遅延だとChen氏は述べたという。

 TechNodeによると、会長のLiang Hua氏は2週間前に、Hongmengは主にモノのインターネット(IoT)デバイス用に開発されているとし、スマートフォンOSとして適用されるかどうか、ファーウェイはまだ決断していないと述べたという。

 ファーウェイが中国でHongmengの商標登録を申請したという第一報をわれわれが聞いたのは、Googleが5月に、ファーウェイへのAndroidのアップデートを停止すると報じられた後のことだ。Donald Trump米大統領は、米政府がファーウェイのネットワーク機器を事実上排除する大統領令に署名していた。これを受け、Googleはファーウェイを一時的に締め出したが、すぐに暫定的に取り引きを継続するとしたと報じられていた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]