logo

足の3Dサイズが計測できる「ZOZOMAT」登場--2019年秋冬に無償配布へ

山川晶之 (編集部)2019年06月24日 12時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ZOZOは6月24日、スマートフォンで足の3Dサイズが計測できる「ZOZOMAT」を無償で配布すると発表した。同日より予約受付をスタートし、2019年秋冬ごろをめどに発送を開始するという。

キャプション

 ZOZOMATは、マットに足をのせ、足の周囲をスマートフォンのカメラで撮影することで、マット全体に施されたドットマーカーを読み取り、足の3Dサイズの計測ができる。専用アプリの音声案内に従って撮影するだけで、「足長」や「足幅」、「足囲」などの複数箇所のサイズをミリ単位で計測でき、アプリ内で3Dデータを360度確認できるという。

 マット自体は、ドットマーカーを含む基本レイアウトが用紙に印刷された簡素なものとしており、低コストで短期間での大量配布が可能。例えば、新聞などの紙媒体へZOZOMATのレイアウトそのものを広告として出稿したり、プリンターで印刷できるPDFファイルを配信するなど、より多くのユーザーに体験できる方法を検討しているという。

 同社では、ZOZOMATのデータを活用し、自身の足のサイズに合った靴を試着なしでも注文できるECサービスの開発や、2019年秋ごろをめどに展開を予定している、ZOZOSUITで得た体型データを活用し、出店ブランドが企画する商品をマルチサイズ展開してZOZOTOWN上で販売するサービス「MSP(マルチサイズプラットフォーム)事業」での、ブランドとの商品開発などを見据えているという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]